暗号通貨

日本を狙ったICO詐欺の見分け方

あまりにも日本のICO関連情報が隔たっているので、警鐘を鳴らしてみます。
仮想通貨初心者の方向けの記事になります。

【日本を狙ったICO詐欺(SCAM)の見分け方】

1.言語選択が英語と日本語のみは危ない
海外のICOで日本語のみ翻訳対応しているICOは経験上99%詐欺です。
普通は日本語以外が優先されます。中国語等。

2.海外掲示板(bitcointalk他)で検索をかける
板が無い場合はその時点で詐欺です。
板がある場合は詐欺かどうかの書き込みが大抵あります。

ico名 bitcointalk で検索をかけてみて下さい。

異様に褒め称える書き込みばかりの場合は投稿者のアクティビィを確認しましょう。

3.開発チームの確認
人名で検索をかけましょう。
linkdinで本人が存在するか確認しましょう。
顔写真をgoogle画像検索しましょう。他人の顔写真を使っていませんか?

4.google広告にやたら出てくる
有望なICOは広告なんて必要ありません。
ICOに限って言えば、google広告はICO情報弱者を狙った広告戦略です。

5.ブロッ〇チェーンラボ推薦銘柄
CtC、Decent.betといった怪しいICOを普通に勧めてきます。
中には詐欺ではないものもあるかもしれませんが、
基本的に紹介報酬が高いICOだけを詐欺かどうかは関係なく取り上げています。

チャーリータカ氏がセミナー講師をしている時点でお察しですが….。

6.配当系ICO
配当系ICOは9割がSCAMと考えて問題ありません。
利率が高ければ高い程、その可能性は高くなります。
Bitcoinconnect等が有名ですが、こういう配当系は、
開発陣が儲かるまで自転車操業が続き、儲からなくなった時点で終わります。

■詐欺コインの例
NATCOIN(google広告に日本語で出てきたので…..)
・開発チームの記載無し。
以前は他人の顔写真を使った別人の記載があった様です。

・海外掲示板
https://bitcointalk.org/index.php?topic=2066821.20https://bitcointalk.org/index.php?topic=2066821.20
褒め称えているのは、アクティビティの低い複数アカウントのみ。詐欺の指摘複数有。

・高利率配当系ICO。

・Google広告での誘導。

・素晴らしい記事がありました。笑

【NatCoinは詐欺】流行りの詐欺ICO仮想通貨に騙されるな

住所や電話番号を調べるのも良いですね。

■詐欺ICOを勧めてくるBLOGに注意してください。
一番あくどいのは、詐欺コインと知っていながら紹介報酬目的で、これは怪しそうだけど….等と注意書きをしながら勧めてくるブログです。
ICO終了前後に何食わぬ顔で、このコインは詐欺だったので買わないで下さいと更新してあったりします。もう既に買ってしまっている場合はどうするんでしょうかねぇ。ブログの中の人は買っていなくても、紹介報酬が貰えるんでラッキーですね。
ちなみにNATCOINなんかは調べたら3分で詐欺だとわかるんで100%確信犯です。

ttp://ico-currency.com/?p=167

ttp://virtual-currency.press/natcoin_ico_lending

ttps://bab-global.net/ico/natcoin/natcoin-lending

ttps://towani.info/ico/natcoin/

■本当に有望なICOはBLOGで紹介されにくい。
後述しますが、基本的にICOは参加者が増えない程、得になる場合が多いです。紹介報酬が無い場合は尚更です。

例えば、先日ゴールドのホワイトリスト登録が終了したwanchainですが、海外ではredpalusやkyberに匹敵する程の人気があるにも関わらず、日本語の情報はほぼ0に等しいです。

■有望なICOでも価格割れする時代になっている
特に、購入上限が無くてプレセールで追加ボーナスがあるICOはまず間違いなく価格割れします。
恐らく日本のCOMSAも価格割れするでしょう。(それも込みでメリットはあるみたいですが)

プロジェクトが気になっているけど、詐欺かどうか確信が持てないようなコインは、まずICO価格割れするので買いたければその時に買いましょう。

■現時点で日本語の有用なICO情報サイトはほとんどないから自分で調べる
これにはいくつか理由があると思います。

1つ目:紹介報酬が無い案件の場合、紹介する意味がほとんどない。
→購入制限とかホワイトリスト制限、集まらなかった分のトークンは参加者に再配布とか。

2つ目:海外の案件だと詐欺か詐欺じゃないかの確信がもてない。
→日本の案件であれば、直接開発者に会いにいく、本社に飛び込みアポするといった行動も取れます。
結局、海外のICOアナリストやICO評価サイトや掲示板等を総合的に見て判断した2次情報になるので、とりあえず詐欺かどうかはおいといて、紹介報酬欲しいし紹介~ってレベルに落ち着く。

3つ目:めんどくせえ!
紹介できるレベルまで調べると、膨大な時間がかかります。本当にめんどくさい!

ということで、仮想通貨ICOに関する個別記事でした。
この記事で少しでも詐欺に引っかかる人が少なくなりますように。

ピックアップ記事

  1. FLASH PUMPの仕組みを解説する。
  2. Bittrex上場廃止原因まとめ
  3. アイムソーハッピートゥッビーヒア~!
  4. イナゴタワー作成マニュアル vor1.01
  5. 日本を狙ったICO詐欺の見分け方

関連記事

  1. 暗号通貨

    Bittrex上場廃止原因まとめ

    昨日、$BTS $DAR $BTA $DRACOが13日に上場廃止とな…

  2. 暗号通貨

    仮想通貨上級者がZaifで取引所を開設するべき、あまりにも凄すぎる5つの理由

    初のアフィリエイト記事です!初心者向けの取引所開設記事は既…

  3. 暗号通貨

    FLASH PUMPの仕組みを解説する。

    おはようございます。みしまです。今日は主に海外のTELEGLAM等…

ピックアップ記事

PAGE TOP